当番弁護
暖かな春の土曜日ですが、本日は、当番弁護の担当日です。

当番弁護とは、逮捕された被疑者が、無料で1回に限り、警察署の留置施設で弁護士と接見できる制度のことです。
逮捕の効力は48時間継続し、その間は、なかなか親族の方との面会もできません。そこで、刑事手続きの説明などのほかに、親族との連絡を行ったりします。
逮捕後、被疑者の方は警察から当番弁護制度の説明を受けます。

夕方5時までの配転が担当で、夕方5時以降から接見に出かけます(只今事務所待機中です。)。
大変なときは、1日で、東は西条、西は廿日市まで接見に出かけることもあります。

現在、配転は2件で、いずれも近場の警察署で、少しほっとしています。

冤罪を回避するためには、弁護活動における初動活動がとても重要です。そういった意味で、当番弁護も、冤罪回避のための非常に重要な制度なのです。

そろそろ6法をカバンに詰めて行ってきます。

<<東日本大震災 法律問題 | 傷病手当 >>