体幹 トレーニング クランプ
高橋です。

この半年間、膝の調子が良くない。
ランニングで距離を踏めないのであれば、この期間を利用して、「体幹トレーニングをしておこうかな」と思いつく(薄着になる夏も近いし。)。

しかし、ジムに行くのは面倒、服を着替えるのも面倒。
複雑な動きや、器具が必要になるのも、面倒。
自宅で毎日続けられて、できるだけ短い時間で行うメニューはないかなとネットで必死に検索、知り合いや友人も声掛けをしてみる。

そこで、出会った「クランプ」
 ↓
https://www.fungoal.com/30-day-plank-challenge/

一日、3分程度。寝ころぶスペースがあれば、テレビを見ながら行える。

初めて2週間、少し体の前面がスッキリし始めたような(気がする)。。。。。。。

但し、有酸素運動ではないので、ダイエット効果はないこと、効果は人それぞれ(と思う)。
いろんなダイエットや体幹に関するメニューに関する情報が錯綜する中で、参考になれば。


20190428 第15回 よしか・夢・花・マラソン
長いこと更新しておらずすみません。

さて、今年も、「よしか・夢・花・マラソン」に出走。

昨年12月、練習中に、思いっきり転倒して、右膝を痛める。
膝に注射をして水抜き→リハビリ→練習→再発→水抜き
を繰り返す。

先月(H31.3)の「錦帯橋ロードレース」もエントリーはしていたが、膝の調子が悪く、キャンセル。

「よしか・夢・花・マラソン」は、今シーズン、最後の大会。
そして、「平成最後」の大会。
う~~~~~ん。
膝が直角に曲がらず、かなり悩みましたが、
①テーピングでガチガチで固めて
②クッション性だけを追求した(重い、反撥性の低い)シューズを履いて
出走することに(途中、痛ければ危険するつもりで)

今年(H31)は例年になく、非常に涼しい(16,17度くらい)。
この季節にこの気温は2度とないのでは。。。。。。
非常に恨めしい。。。。

「ひかり号」でスタート。
歩幅を広げないように。
足は、腰をひねりながら、足裏をするように、前に出すイメージ。
とにかくピッチ。
特に下り坂は要注意。
足裏、くるぶし、膝、腰、腸腰筋、体幹の順で、着地ショックを分散して吸収していくイメージ。
なんてことを考えながら、タイムは気にせず、マイペースで走る。

どんどん追い抜かされる。
特に後半。
心肺、筋肉とも問題ないのに、「スピードが出せない」というのは、かなりストレス。。。。
16㌔くらいから、膝の皿あたりに、ピリピリとした痛みが出始める。
フォームとテンポを何度もチェックして修正。
給水所、エイドスポット毎に、「すみません!エアサロみたいな消炎剤ないですか?」と尋ねるも、置いてない。。。。。
ラスト2㌔、ストレスも最高潮となり、「エイヤ!」と追い込んでみる。
4~5人くらいなんとか抜いたかな??

タイムは、2時間5分。
6min/i㌔ペース。

レース後、想像よりも膝の調子は悪くない。
平成最後のレースに出走できたのは嬉しかったが、不完全燃焼。。。。。

明日、明後日と、スポーツDrに、原因を徹底的にチェックしていただき、練習方法を指導していただく予定。
絶対に、直して、リベンジ!

20181103 合人社計画研究所 マンション管理セミナー
2018年11月3日、株式会社合人社計画研究所広島支店が主催するセミナーにて、高橋弁護士が、同支店長や、三井住友海上の担当者の方とともに、セミナーを行います。

https://www.wendy-net.com/gojinform/sem/20181103_hiroshima.htm

かなり実践的な、実務的なセミナーです。
個別相談ブースも設けていますので(当然、高橋弁護士も対応)、ご興味のある方は、上記のURLからウィンドウを開き、記載内容に従ってお申込み下さい。

管理組合の役員の方のみならず、マンションにお住まいの方であれば、お気軽にご参加いただけます。

第13回 よしか・夢・花マラソン
H30.4.29、よしか・夢・花マラソン・ハーフに出走。
今年は、病気がやっと寛かいした(治療中)地元の友人と参加。

毎年、「暑い」。
会場近くで車の外気温系を見ると、「23度」。

仕事で3月4月は、練習不足。
昨年の記録が、2:07。今年も同タイムを目標(6min/1kmで走り切る)。
一方、友人は、(当然)練習をほとんどしていない。完走が目標とのこと。

今年は、初めて、ウェストポーチ&ペットボトル(水)。
5km毎に給水スポットはあるが、これでは足りないと判断。
(なお、今年は、「手前スポドリ、奥に水」と備え付け改善!)

スタートから5kmまでは、5min45sec程度。そこから6minを保つ。
往路はゆるい登り坂が多く、復路はその逆。
焦らない(参加経験者の強み)。

よしかは、1キロごとに距離表示はあるが、往路と復路とで、一部違うコースがある。
折り返し地点が、本当に、10.5kmかどうか分からないが、折り返し地点付近で、1:02。
想定どおり。
しかし、当日、給水スポットで、スポドリを口に含んだが、胃がほとんど吸収しない。
あとは、水を口に含んでは、吐き出す。
折り返し後、友人が後方1.5kmにいる。
「病気上がりなのに、さすがだな。」と思いつつ。マイペース。
15キロ地点で、友人に追いつかれ、背中を叩かれて、「行け!こんなもんじゃないじゃろ。」と喝を入れられる。
「ちょっと早いかな。」と思ったが、ペースアップ。

ラスト2km。ペットボトルの水を頭からかぶり、足にもかけて、一口うがい。
これが奏功して、踏ん張りが効いた!

結果:2:03。
ほんのちょっとだけど、後半でタイムが伸びた。びっくり。

レース後、友人が、「肩をポンと叩いたら、高橋がすごいペースで逃げてった。」と笑っていた。

今回、折り返し地点で、一緒に走っていた友人を見て、「なんとこいつは自分に厳しく、我慢強いのか。」と感動。
これまで、自分のレースでは、前を走るランナーを見て、「絶対に抜く。」という発想。
しかし、今回のレース後半で、前を走るランナーを見ながら、「俺とこいつ、どちらが我慢強いだろう?」と問いかけながら走った。

タイムだけじゃ飽きる。競争心だけではツライ。
ランニングで、「自分自身を試す」という意味が少しだけ理解できたような気がしました。

少しづつ回復してきた友人と、一緒に、もう少し走り続けたいなあと思いました。

最新マンション管理セミナー
髙橋です。

本日、株式会社合人社計画研究所による「最新マンション管理セミナー」の講師に招かれ、「区分所有法第59条競売」についてお話してきました。

手持ち時間は30分ほどだったのですが5分オーバーで何とか終了。
つたない講義にも関わらず、セミナー終了後、受講者の方々から暖かい拍手を頂きました。

主催された株式会社合人社計画研究所広島支店の皆様、受講者の皆様、本当にお疲れ様でした。

感謝!!

KC4D0005.jpg

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18