20190428 第15回 よしか・夢・花・マラソン
長いこと更新しておらずすみません。

さて、今年も、「よしか・夢・花・マラソン」に出走。

昨年12月、練習中に、思いっきり転倒して、右膝を痛める。
膝に注射をして水抜き→リハビリ→練習→再発→水抜き
を繰り返す。

先月(H31.3)の「錦帯橋ロードレース」もエントリーはしていたが、膝の調子が悪く、キャンセル。

「よしか・夢・花・マラソン」は、今シーズン、最後の大会。
そして、「平成最後」の大会。
う~~~~~ん。
膝が直角に曲がらず、かなり悩みましたが、
①テーピングでガチガチで固めて
②クッション性だけを追求した(重い、反撥性の低い)シューズを履いて
出走することに(途中、痛ければ危険するつもりで)

今年(H31)は例年になく、非常に涼しい(16,17度くらい)。
この季節にこの気温は2度とないのでは。。。。。。
非常に恨めしい。。。。

「ひかり号」でスタート。
歩幅を広げないように。
足は、腰をひねりながら、足裏をするように、前に出すイメージ。
とにかくピッチ。
特に下り坂は要注意。
足裏、くるぶし、膝、腰、腸腰筋、体幹の順で、着地ショックを分散して吸収していくイメージ。
なんてことを考えながら、タイムは気にせず、マイペースで走る。

どんどん追い抜かされる。
特に後半。
心肺、筋肉とも問題ないのに、「スピードが出せない」というのは、かなりストレス。。。。
16㌔くらいから、膝の皿あたりに、ピリピリとした痛みが出始める。
フォームとテンポを何度もチェックして修正。
給水所、エイドスポット毎に、「すみません!エアサロみたいな消炎剤ないですか?」と尋ねるも、置いてない。。。。。
ラスト2㌔、ストレスも最高潮となり、「エイヤ!」と追い込んでみる。
4~5人くらいなんとか抜いたかな??

タイムは、2時間5分。
6min/i㌔ペース。

レース後、想像よりも膝の調子は悪くない。
平成最後のレースに出走できたのは嬉しかったが、不完全燃焼。。。。。

明日、明後日と、スポーツDrに、原因を徹底的にチェックしていただき、練習方法を指導していただく予定。
絶対に、直して、リベンジ!

<<体幹 トレーニング クランプ | 20181103 合人社計画研究所 マンション管理セミナー >>