華やかないただきもの
高橋です。

昨日、お客さまから、別添のJpegデータのお花を頂きました。
私は、花の種類につき明るくないのですが、ゆり(?)のように思えます。
事務所の入口のカウンターの上に飾らせていただきました。
何となく華やかな雰囲気になりました。

ありがとうございました。


140615_1213~01.jpg

もう・・・・
弁護士の櫻河内です。

5月に入り、めっきりと暑さを感じるようになりましたね。
5月といえば、カープ。
交流戦前に入る前は、「首位」!
交流戦に入ってからは・・・・・バットが湿ってきたようです、もう梅雨ですかね・・・
しかし、これからです!
1991年以来の○○を期待しています!(まだ、口に出しては言いません!)
6月には、子ども達と交流戦を観戦に行く予定にしているので、それまでに調子をまたあげてもらって、子ども達には「強いカープ」を見せて上げたいです。

(カープの成績もそうなのですけど)去年と今年で変わったなと感じる出来事がありました。
それは、道路交通法の改正に伴い「自転車が道路の右側にある路側帯を走ることが禁止」されたことです。
私などは、小学校時代の交通安全教室で「人は右、自転車は左」と教え込まれたくちなのですが、去年までは、自転車で道路左側を走行していても、同じ車線を反対側から走ってくる自転車があったりして、危険を感じることも結構ありました。
しかし、今年は、それが減ったような気がします。
今朝、通勤している途中で、逆走している自転車に、通行人の方が注意をしている場面に出くわし、徐々に法改正が浸透してきているんだなということを感じました。

一方で、無茶な運転をする自転車も、少なからずありますよね。
法律相談でも、自転車の事故というもの確実に増えているというのが実感です。
自転車事故の場合、自動車と違って、自賠責保険などというものがないので、いざ事故を起こしてしまった場合、大変なことにもなりかねません。
怪我をさせてしまったけど、被害者の方に支払えない・・・
怪我をさせられたけど、加害者から支払ってもらえない・・・
というケースもあります。
この部分は、法律論だけでは解決できないような問題なのです。

こういう事態を避けるためには・・・・
とにかく皆さん、「安全運転」です!











2014 よしか・はな・ゆめ・マラソン
弁護士の高橋です。

「第9回平成26年よしか・はな・ゆめマラソン」に、去年に引き続き出走してきました。

http://www.sportsentry.ne.jp/event/t/40025

当日の気温は24度、結構暑い。
4月に減量をしたのですが、66キロを切れず、体脂肪率は21%のまま。
これまでの大会では、後半にスパートを掛けて息切れをする傾向。
そこで、一定のペースで、1時間50分程度を目標。

ハーフでも、走力の事前申告により3組に分かれてスタート。
スタートから結構走りやすい。

距離表示は1キロごと。ペースを維持しやすくて助かる。
また、今年から、給水所に、水とスポーツドリンク。これも助かる。
給水ポイントでスポドリを一口含み、頭から水を掛けながら走る。

結果は、1時間56分。
暑さのせいか、練習不足か、17キロ以降がしんどかった。。。。
前回の「そうじゃ」より9分タイムが縮まったのでまあまあ。

大会運営者のみなさん、お疲れ様。お世話になりました。
いただいたラベンダーの鉢植えは大切にします。
来援も出走したいと思います。
タイムにつき、来援はリベンジ!

2014 そうじゃ吉備路マラソン
高橋です。

平成26年2月23日(日)に開催されたそうじゃ吉備路マラソン(ハーフ)に出走してきました。

http://www.city.soja.okayama.jp/kankyo_machidukuri/kibiji_marason/2014/result/half.jsp

最近ちょっと忙しくて練習ができてない、体調が悪くて走りきる自信がない。
ということで、エントリーしてくれた友人に、「今回はキャンセルするわ。」と伝えてました。
が、2日前くらいから、何となく体調が戻り、「そうじゃ!走ろう!」(ダジャレ)と、当日朝午前5時に起床し、車を運転(2時間くらい)して会場へ。

午前8時くらいに会場付近に到着すると、すでに交通規制が出され、駐車場になかなかたどり着けない。
スタッフに尋ねると、意外に近くの駐車場(事前の案内にない)に通される(ラッキー)。

スタートは、フルもハーフも同じ。
大混雑。
3キロ地点でも混雑が続いて走りにくい。
なぜか途中で走路を変更するランナーがいて、土師ダムの捻挫が頭をよぎる。
フルは途中でコースが分かれるが、途中で再度合流。
フルのトップ集団も、再度の合流でちょっと躊躇した様子。

給水地点のスポドリが置いてある長椅子が短く、またまた混雑。

これまで最低の記録でゴール(2時間5分)。
ゴール地点で、先にゴールをしていた友人らから、「大丈夫か?顔色がおかしいで。」と相当心配してもらう。

広島で用事があり、すぐに車に乗って会場を後にする。
しかし、まだまだフルの選手がゴールしておらず、がっちり交通規制。
結局、総社のインターまで、40分くらいかかる。

コースはほぼフラットで走りやすかったです。
できれば、ハーフとフルのスタート時間は分け欲しい。
大混雑の中、走るのはちょっとしんどいです。
5分でいいので、ハーフの2時間以内と2時間+α組で分けて欲しい。

なお、手作り感や、スタッフさんらが一生懸命運営されている姿は素晴らしい。

エントリーを検討されているランナーの方の参考になれば。

次回は、4月の吉賀のハーフに出走予定。痩せねば。。。。。。

平成26年 年始のご挨拶
明けましておめでとうございます。
今年の3が日は、今年1年を暗示するかのように良い天候に恵まれ、清々しい気持ちで新年を迎えられたのではないでしょうか。

この度、新たに、当職事務所は、吉田隆大弁護士をスタッフとして迎えました。
吉田弁護士は、神戸大学法科大学院を卒業後、2年間、大阪の弁護士事務所に勤務し、交通事故や労災案件を始め、数多くの事案を手がけてきました。
弁護士としては非常に優秀な能力を有し、他方、事案を常に冷静に分析して、暖かく人に接する温厚な人柄です。

髙橋、櫻河内、吉田は、「リーガルサービスの向上」という共通の目的を共有しながらも、3者3様の性格です。
この点、一つの目的の達成のために、あらゆるアプローチを検証するという観点から、吉田弁護士の加入は、当職ら事務所に新たな息吹と発展をもたらすものであることを確信しています。

本年も皆様のご繁栄、そして、広島の経済の発展を事務所一同、祈念しております。
当職ら事務所が、微力ながらも寄与できるよう、益々の精進を誓います。

どうぞ本年も、髙橋総合法律事務所をよろしくお願いします。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17