証人(当事者)尋問
通常、第1審では、争点が固まった時点で、証人及び当事者尋問を行い、その後、尋問当日の調書(書面)が(裁判所で)作成されたのち、最終の書面を作成して結審(判決前の最後の主張)となります。

通常、調書ができるまで3週間から4週間かかります。
「切りがいいので、12月に判決にするか、12月一杯で結審したい。」と裁判官が考えているのでしょうか。このところ、尋問ラッシュです(仮に、11月1日に証人尋問をし、11月20日から30日の間で調書が作成され、その後2~3週間で最終の書面を書いて、12月中旬こと結審の流れ)。

相手(相手側)の話の矛盾点を突いて、如何に、裁判所に、こちらが言っていることが本当か、相手の言っていることが嘘くさいかにつき、こちらに有利な印象をもってもらうことがポイントです。

ただ、非常に難しいのが、「弁護士は、お互いが主張している事実を見聞きしていない(体験していない。)。」ので、大変な想像力と空想力が必要となってきます。
何度も何度も、書面や証拠を見ながら、あたかもタイムマシンに乗って、その現場を空中から細部に渡って観察するような能力です。この作業の中で、どんな細かいところでも、「?」と府に落ちない箇所が出てくると、すぐに依頼者に確認です。

昔、指導担当の裁判官から、「過去、自らが体験していない事実を、あたかも体験したもののように認めていくという作業は、人知をもってなしえる作業ではなく、神のみに許された作業だ。これまでの膨大な先人の苦労の上に、過去の事実を認めるための作業過程を造ってきた。
法廷で、裁判官、代理人らが一礼をするのは、このような神のみが行える作業をする場所、行為に対する敬意を表すという意味である。」というお話を聞きました。

正確な知識を研鑽しながら、想像力を働かせ続ける。
法律家に求められる資質の一つなんでしょうね。
尋問の山も、12月中旬で一区切りです。
今年もあと少し、皆さん、頑張りましょう!









自転車 広島
皆さんは、どのような交通手段で通勤されていますか?
私は、片道約4キロを自転車通勤です。
理由は、運動のため、通勤時間削減のためです(夏場はしんどいですが。。。)。

先日、これまで使っていた自転車が随分くたびれていたうえ、パンクしてしまいました。
そこで、近所の自転車屋で新車を購入!

支払いの段になり、店員さんから「TS保険はいかがですか?」とのこと。
話を聞いてみると、上限1000万円か2000万円、後遺障害8級以下は対象とならないとのこと。

最近、自転車による交通事故のご相談を何件か受けました。
TS以上の保険に入っておかなくちゃまずいと思い、知り合いの損保の代理店に電話。
すると、「いまどこの損保会社も自転車事故プロパーの保険はないんですよ。総合賠償保険はいかがですか。」とのこと。
保険料を聞いてみると結構高い。。。しかし背に腹は。。。。

平成20年における広島県の人口は286万人。広島県に登録してある自転車数だけで140万台です。
災害時、また温暖化対策における交通手段として自転車は見直されており、今後も自転車の台数は増えるでしょう。

他方、自転車対歩行者の交通事故については、ここ10年間で、4.5倍も増加しています。

保険が使えないということは、結局は、被害者も加害者も救われないという結果になってしまいます。

この点、何とかならんかと思い、現在、有志の専門家で、協議を行っています。
何か、形になるものを作りたい、少しでも広島のために役立てることがあればと、皆で知恵を絞っています。

近いうちで、このブログでも紹介できればと思っています。






アディゼロ ボストン
毎日暑いですね~。
皆様、お元気でしょうか?

今日は、バーゲンということもあって、久しぶりに買い物に町に出ました。

随分くたびれた夏用のスーツとパンツを購入。

その後、ロフトに行って、洋服にスプレーして、涼感をアップするという「涼しいの何でか?」を購入(効果は後日報告します。)。

そして、「アディダス・ショップ」へ。
今年の冬から、フルマラソンに参戦予定。
私の走力では、「アディゼロ・マナ」でのフルは厳しいかなと思い、ロングレース用のシューズを吟味。
悩みに悩んだ末に、緑色の「アディゼロ・ボストン」を購入。
帰宅後、早速10キロのジョッグ。
感想は、これまでジョッグ用に使っていた「ナイキ・エアズーム」に比べると、柔らかく、軽い(当たり前ですが。。)。
マナよりも、クッション性が高く、LSDには良いのでは???といったところです。
足型を測定したところ、左がE、右が2Eという、非常に足囲が細いことが判明(だから、アディダスが合うのでしょうか?)。

今後は、9月に、「三原・白龍湖トレイルラン」
→http://appsports.jp/pc/pr/view/mihara/2011/mainPoints
10月には、「ミカンマラソン」
→http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/etajima/event/111016marason-boshu.html
12月に1本フルを走って・・・・
平成24年2月に、「愛媛マラソン」を予定しています。

今年の12月より、「髙橋総合」にも新人弁護士が加入する予定です。
仕事の関係上、来年2月の「愛媛マラソン」が本命でしょうか。

走り始めて3年目くらいですが、年齢は重ねる半面、段々とディープな方向へ進んでいるような気がします。


110717_2107~01.jpg

広島の実力弁護士 改訂版
10年ぶりに、「広島の実力弁護士」が改訂されました。

僭越ながら、他の先生方の推薦を受け、当職事務所も掲載されています(182頁)。

今年の4月ころに取材を受け、校正段階はそうでもなかったのですが、いざ出版された本を手に取ると、恥ずかしくて中を読めない。。。。。

広島の弁護士人口も増加し、お客さんの選択肢が拡がり、選択するひとつの指針を有するということは、お客さんの立場からすると非常に有益と思います。

「いろんな弁護士がいるものだなあ。」と、書店にお立ち寄りの際には、よろしかったら手に取ってみてください。
広島の実力弁護士 改訂版.jpg

マンション 更新料 最高裁 判決
マンションやアパートなどを賃貸した場合、契約書には、「賃貸期間」が明示されています。

そして、賃貸期間が終了して、再度賃貸借契約を更新する場合に、「更新(手数)料」という名目でお金を支払うことがあります。

この「更新(手数)料」の定めが、法律的に有効か無効かが、現在、問題となっています。

この点、高等裁判所では、「有効」とする見解と「無効」とする見解があり、意見が分かれていました。

そして、来月(平成23年7月)15日に、最高裁判所が、司法としての統一的見解を明らかとすることになりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110610/t10013449351000.html

私も、結果に対して、非常に興味を持っています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17